野球話

高校野球で大量得点差がある中で盗塁をした事が
一部で話題になってるようですね。
どうなんでしょうか・・・

こういう暗黙のルールみたいのって多々ありますが
例えばMLBでも今年から打者ごとの守備シフトが極端になっている傾向があり
それこそ「3塁側誰もいない」という様な状態でも
3塁側に打つ事はマナー違反だという風潮があると聞きます。
確率などを分析してガチで勝つ為にシフトを敷くまではわかるんですが
そういう風潮が存在するとなると、
一見ガチな勝負かと思わせといて実は一方的に
守備側が有利な勝負を強要してる気がします。
それがガチの勝負かといわれると疑問なんですよね・・・
もちろんそれがプロレス的な意味での勝負というならわかりますが。

 今回の高校野球での盗塁の問題に戻すと
どんなに得点差があっても手を抜かないという事がガチであって
礼儀だと思います。
もし途中で手を抜いて大量失点し逆転負けをしたらどうなるんでしょう・・・
実際手を抜いてるなどでなくとも予選大会でも
大量得点差からの逆転がありましたしね。

ルールを明確化するなら
「○○差以上では○○してはいけない」とすればいいですし
逆に明確化しないならば
「○○差以上では○○してはいけない、でも負けてる側は勝っちゃ駄目」
くらいまでを暗黙のルールに付け加えないと駄目だと思います。
(暗にそんな暗黙のルールはいらないって事ですがw)

スポーツは、ガチでもある一方でエンターテイメントだと思うので
どこまでの線引きかは難しいですが、
やっぱり勝つために一生懸命プレイしてるでしょうし、
サポーターや観客もその姿を応援し、
それがあって初めて、技や魅せるプレイに熱狂できるのだと思います。

是非とも余計な事を考えずに、思いっきりプレイしてほしいですね!

コメント 停止中