カテゴリー : 日記

ラジオ番組

仕事のお供によくラジオを聞いているのですが
前期、今期は毎回聞いてるものが多く終了となり残念です。

この一週間だけでもウーマンラッシュアワーのANN、アニスパ、昌鹿野・・・
中でもアニスパや昌鹿野は本当に長い期間やっていて放送当初から聞いていて
思い入れがある大好きな番組でした。
(昌鹿野なんて長時間生放送をやった時に、関西の電波が入りそうな
海岸まで友人と車を走らせて高感度ラジオで聞いてました。)

終わってしまった事での喪失感はありますが、今後もまたこのような
ステキなラジオ達に出会えるように、僕も文字通りアンテナを高くして
チェックしていきたいと思います。
パーソナリティーやスタッフの方々今までお疲れ様でした!
そして楽しい時間をありがとうございました!

20141008_204044

今までintuos3の930を使っていたけど、
安かったので試しにintuos5のMを購入した。

サイズが小さくなって使いにくくなるかもと思ったけど
あまり問題なく、むしろそれ以上に書き味が向上したメリットの方が
大きかった。

次にグレードアップする際には液タブだな!

野球話

高校野球で大量得点差がある中で盗塁をした事が
一部で話題になってるようですね。
どうなんでしょうか・・・

こういう暗黙のルールみたいのって多々ありますが
例えばMLBでも今年から打者ごとの守備シフトが極端になっている傾向があり
それこそ「3塁側誰もいない」という様な状態でも
3塁側に打つ事はマナー違反だという風潮があると聞きます。
確率などを分析してガチで勝つ為にシフトを敷くまではわかるんですが
そういう風潮が存在するとなると、
一見ガチな勝負かと思わせといて実は一方的に
守備側が有利な勝負を強要してる気がします。
それがガチの勝負かといわれると疑問なんですよね・・・
もちろんそれがプロレス的な意味での勝負というならわかりますが。

 今回の高校野球での盗塁の問題に戻すと
どんなに得点差があっても手を抜かないという事がガチであって
礼儀だと思います。
もし途中で手を抜いて大量失点し逆転負けをしたらどうなるんでしょう・・・
実際手を抜いてるなどでなくとも予選大会でも
大量得点差からの逆転がありましたしね。

ルールを明確化するなら
「○○差以上では○○してはいけない」とすればいいですし
逆に明確化しないならば
「○○差以上では○○してはいけない、でも負けてる側は勝っちゃ駄目」
くらいまでを暗黙のルールに付け加えないと駄目だと思います。
(暗にそんな暗黙のルールはいらないって事ですがw)

スポーツは、ガチでもある一方でエンターテイメントだと思うので
どこまでの線引きかは難しいですが、
やっぱり勝つために一生懸命プレイしてるでしょうし、
サポーターや観客もその姿を応援し、
それがあって初めて、技や魅せるプレイに熱狂できるのだと思います。

是非とも余計な事を考えずに、思いっきりプレイしてほしいですね!

ワールドカップ2

体をワールドカップ仕様にして頑張ってほぼ全試合見てます!
なんとなくベスト16の死闘が実は一番面白かった感もちょっとありますが
ついにベスト4まできましたね・・・見事に優勝候補ばかり残ったわけですが
そして今朝、今大会一番といっても良い位の注目のゲーム
ブラジル×ドイツが行われたのですが・・・蓋をあけてみると
7?1というとんでもない試合で驚きました。

試合前はブラジルはネイマール、チアゴシウバを欠いたのが相当痛いし
負けるかもと思ったけれど、2点取られた時点で
多分2人が入っていてもスコアに変化がある程度で
結局ブラジルは負けていたんだろうなって感じに思えました。

ドイツに関してはここにピークを持ってきたのか!?という位に
コンディションも良かったとように見えたし、そもそも攻撃に置いても、
ショートカウンタでもビルドアップでも大抵4人でひし形を形成し
中心にくさび役を入れハードワークし、厚みのある攻撃で崩してたのに対して、
ブラジルは簡単に縦パスか個人での突破が多かったので、質というか・・・
この試合においてはドイツの方が効果的だったという事なんだろうなぁ。 
それにしてもマルセロの方から突破されてたなぁ・・・
ダンテとダビドルイスも良くなかったと思うけど。

ここでブラジルが消えてしまうのは残念ですが
この後のオランダ×アルゼンチン そして決勝が楽しみです。

イベント真っ盛り

 一年間で友人と遊ぶ機会があまりに少ないのですが
その貴重な機会の一つが定期的にやってる花見です。
桜の下で漫画家仲間や他の職業の友達が入り乱れて飲むというもので
それが一週間ほど前に執り行われたのですが、
「晴れてるが砂埃がやばい」「寒い」など毎年天候に悩まされる事が多く、
今年に関しては雨天中止で店飲みでした。残念!
ずっと同じ場所でやっているので、1年ごとの風景の変化を感じるのも
地味に楽しみでした。

一昨日は友達が漁港で新船な魚やイカを買ってきてくれたので
家でさばいて(くれて)食べました。
これが本当の産地直送という感じです。

イベント真っ盛りな一週間だった。